年収1000万の人は税金ってどれぐらい払ってるの?

憧れの年収1000万円!ただ税金は如何に・・・・

年収1000万円と言えば高額な収入でとても憧れるという人も多いのではないでしょうか。
一生懸命仕事を頑張って年収が1000万円になったという時にはこれまでは贅沢だと思って買えなかったような買いたいものなどもいろいろと広がって夢も膨らみます。

しかし、年収が1000万円になったら税金はどれくらいになるのでしょうか?
そこで、年収1000万の人は税金ってどれぐらい払ってるのかについてご紹介してみたいと思います。

給料が1000万円有るという時には手取りはシングルか家族がいるのかと言う事などによっても異なっています。
また、結婚していてお子さんがいるという場合、その人数によっても異なってくると言われているのです。
その理由は、控除が異なってくると言う事が挙げられます。

●受けられる控除額を先に計算する

年収1000万円の人の税金がどれくらいかを考える時には、まずは受けられる控除額を先に計算する必要があるということなのです。
これは、所得税や住民税の計算には給料をそのままでなく、控除されるものを引いた後の金額が必要とされるからと言われているのです。

そして、大家族であればあるほど控除金額が大きくなってその結果、税金も少なくなると言う事になります。
したがって、同じ1000万円でも税金が異なるので手取り額は異なるのです。

基本的に会社員に適用される控除は3種類と言われ、基礎控除と給与所得控除と社会保険料の支払い額です。
基礎控除は所得税の基礎控除が38万円で住民税の基礎控除が33万円となっています。

給与所得控除は会社員やパートやアルバイト等の人が受けられる控除で、65万円から給料に応じて増えていくようになっています。

例えば、180万円以下の収入の人なら収入の40%、65万円に満たない場合は65万円となっており、給与の額面が上がると増えていき、1000万円を超えると220万円担っており、それ以上は給与所得控除は増えなくなります。

2020年からは給与所得控除は縮小されるとされています。

●課税所得という所得を算出する

そして、社会保険料の支払い額が実際に支払ったぶん控除されます。
社会保険料には国民年金保険料や厚生年金保険料、健康保険や雇用保険などがあります。

目安としては厚生年金が9.15%、健康保険が4.95%、雇用保険が0.30%で合計すると14.4%くらいです。
そのため、年収1000万円の人は144万円くらいの控除はあるということになります。

税金を計算する時には課税所得という所得を算出していきます。
課税所得は年収からこれらの控除を引くことで求められます。

所得税を計算する時の課税所得は、1000万円から基礎控除の38万円と給与所得控除の220万円と社会保険料控除の144万円を引いたものです。
そのため、598万円になります。

住民税は課税所得は1000万円から基礎控除額の33万円と給与所得控除の220万円と社会保険料控除の144万円を引いた603万円です。
年収1000万円の人の所得税の課税所得は598万円なので税率は20%です。

●年収1000万円の人の住民税額について

そして、課税所得の598万円の20%から控除額の42.75万円を引いた76.85万円が所得税になります。
さらに、年収1000万円の人の住民税額については、住民税は所得割と均等割の2つの部分に分かれていて、それらを足したものになります。

所得割の部分は全国一律で10%で、均等割は5000円前後と言われています。
均等割りは地域によって税率や税額が違っているため、その自治体のホームページで確認できると言われていますが、ここでは目安として計算してみます。

年収が1000万円の住民税の課税所得は603万円なので住民税は課税所得の603万円の10%と均等割の5000円から調整控除の2500円を引いた60.55万円くらいといえます。

そのため、全体として137万円くらいです。